直球感想文 本館

2018年 更新中
by vMUGIv
カテゴリ
以前の記事

日本初美人コンテスト 令嬢の部 その1

明治40年(1907)
アメリカの新聞社シカゴトリビューンから時事新報社に連絡が入った。
シカゴトリビューン社では世界一の美人を決める催しをする、
ついては日本代表の美人写真を送ってほしいという内容であった。

そこで時事新報社は「容色をもって生業とするものを者を除く」
という条件をつけて一般家庭より応募者を募ることとなった。
これが日本で最初の「素人の」美人コンテストである。

時事新報社は全国の新聞社に美人さがしを依頼した。
時事新報社と地方紙22社を巻き込んだ苦難の道の始まりである。

仙台の河北新報は紙面で美人募集を行った。
我と思わん美人は奮つて写真を投与せられよ。
また、美人の親戚知友たるものは内気なる美人の為に其人に代りて投寄の労を取られよ」


しかし、募集要項を発表したぐらいでは応募者は集まらない。
美人コンテストに我も我もとやってくる現代とは違う。
何につけ「はしたない女性」というレッテルが貼られてしまうと、
それだけで一生お嫁に行けなくなる時代である。
目立つことはしないに限る。

困った各地方紙は地元の美人を探し出すための調査班を組織した。
社長までもが女学校などへ行ってキャンペーンに務めた。

河北新報は結果二位となる金田憲子を見つけた。
宮城県の水産検査場長の娘、良家の令嬢である。
しかし彼女をコンテストに引きずり出すまでには苦労があった。
彼女の美しさは近在で有名だったが、本人は出たがらない。
そこで親戚の銀行頭取に彼女を説得させ、写真を手に入れることができたのである。
応募写真の多くはこのように地方紙の記者たちによって集められたものだった。

時事新報はコンテストの発表後に彼女の父親の談話を載せた。
「御社の誌上に娘の写真が発表されてからといふものは、
諸方から結婚の申込みが非常なもので、今日迄に約二百通も参りましたよ。ハハハハハ。
此二百通に対して一々返事を出したのですから一時は目も廻はりさうな始末。
何うぞお笑ひ下さい」



翌明治41年(1908)に結果が発表された。

※当時の総理大臣の月給は1,000円

<一次審査入賞>
1等 18金ルビー真珠入り指輪 値30円
2等 18金真珠入り勝利形ブローチ 値15円
3等 18金結形根掛 値十円
4等 銀製鍍金草花図丸彫束髪用ピン 値5円
5等 同上

<二次審査入賞>
1等 18金ダイヤモンド入り指輪 値300円
2等 18金梨地無双ダイヤモンド入り婦人持懐中時計、
並びに18金ルビー真珠入り緒しめつき首掛け鎖一揃い 値150円
3等 18金白金金製桜花ニ流水図透かし彫りだしダイヤモンド入り帯留め 値100円
[PR]
by vMUGIv | 2012-12-03 00:00 | コト
<< 日本初美人コンテスト 令嬢の部... 日本初美人コンテスト 芸者の部... >>


お気に入りブログ
検索
記事ランキング