直球感想文 本館

2017年 更新中
by vMUGIv
カテゴリ
江戸
明治
大正
昭和戦前
昭和戦後
その他
以前の記事

<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本初美人コンテスト 令嬢の部 その4

■父 末弘直方
1848-1920 弘化04-大正09 72歳没

*薩摩藩士出身の警察官僚。
函館区長・福岡県小倉市長・福岡県八幡市長などを務めた。


■母 柏田六右衛門の娘 イト


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
イト夫人の遠縁 酒匂 津屋

〔直方は〕濃い濃い味噌汁をお好みになりました由。
夜中に目覚めて手洗水を飲む方なので、
手洗鉢はいつもきれいにしておくものだと私の祖母は〔イトに〕教えました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


●直子  建築家山下啓次郎夫人→孫はジャズピアニスト山下洋輔
●育子  外交官阿部氏夫人
●貞子  写真家江崎清夫人
●ヒロ子 野津鎮之助侯爵夫人
●直志
●トメ子 


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
酒匂 津屋

*直方が亡くなった後、直子・育子・貞子の三姉妹が鹿児島を訪問した。
東京生まれ・東京育ちの姉妹が、父の故郷を見るためだった。

3台の人力車が門前で止まりました。
中から同じお顔の和装のきれいなきれいな方々が降りて来られました。
山下様・阿部様・江崎様が氏神詣りがてら祖母に会いにいらしたのです。
祖母は「お上がりなさい、お茶でも」と申しましたが、
氏神様を拝んでお帰りになりました。

「娘の家に行くと取次が要るから〔末娘トメ子は〕高城の田舎に嫁にやる」
と言われた直方さんはあんまり勝手すぎたのではと思います。
学習院を出たお姫様が、田舎の四季折々の行事をなんでお分かりになりましょう。
お正月の行事・3月の節句のお菓子・お餅つき・5月のカララン団子とあく巻作り・
お盆・お彼岸・お味噌作り・醤油作り。田舎は本当にうるさいんですもの。

おトメさんはたびたび家にいらっしゃいました。直子様と相似形でいらっしゃいました。
頭が狂っていらっしゃるので、
玄関から真っ直ぐ鏡台の部屋に行かれ髪をきれいにされました。
実家のような気がしたのでしょう。いつも空の財布を出されました。
母は「高城から歩いては大変だった故、帰りは車でお帰り下さい。
お好きな物を買ってね」と、いくらかを差し上げました。


*「狂ったトメ子を夫が川の中につぶし込んで髪の毛を引っぱる」
という光景も近所に目撃された。
結局トメ子は直方の弟 龍岡新熊に引き取られて、そこで亡くなる。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
山下直子の孫 四柳与志夫

阿部のおばさまと呼んでいた方でした。英国大使の夫人でしたね。
いつも正装をしていたという記憶があります。
まるで鹿鳴館時代から抜け出したようなきれいな人で、子供心にも憧れたものです。
『どんなに暑くても、決して手袋を取らず、ハンカチを出さない人でした』と
直子お祖母様が言っていたのを覚えていますよ。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
山下直子の孫 ジャズピアニスト 山下洋輔

野津のおばさまを何度か見かけたことがあります。
こちらはまだ小学校にも入っていない子供でした。
そのように一時代を騒がせた人とは知るよしもありません。
曲った腰と丸くなった背中、両手にリューマチを患っている老女です。
かすかに足を引きずり、人目を避ける雰囲気がありました。
子供には近寄り難かったそれらの印象から、兄と秘かにカイブツと呼んでいたのです。
何という子供の残酷さでしょうか。時間の残酷さでしょうか。

第二次世界大戦直後です。
もやは侯爵夫人ではない野津のおばさまは人目を避けるようにして現れ、
出迎える姉の直子おばあちゃんと
手を取り合うようにして薄暗い応接間に入って行くのでした。
二人ともいつもきちんとした黒い紋付の着物を着ていました。
長い間、二人だけで過ごしていました。
出てくる時に、二人がハンカチで涙をぬぐっている時もありました。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




◆野津ヒロ子侯爵夫人
1893-1963 明治26-昭和38 70歳没

c0287367_3492260.jpg



■夫 野津鎮之助侯爵
1883-1942 明治16-昭和17 59歳没

c0287367_34931100.jpg



●美智子 ヒゲタ醤油 浜口久常夫人 
●真佐子 倉敷紡績 大原総一郎夫人→娘泰子は美智子皇后の弟正田修夫人
●佐恵子 京都ダイカスト工業 田中秀雄夫人
●高光  佐藤茂の娘緑子と結婚
[PR]
by vMUGIv | 2015-01-06 00:00 | 明治

日本初美人コンテスト 令嬢の部 その3

c0287367_338217.jpg


一位となった末弘ヒロ子は薩摩藩士出身の警察官僚 末弘直方の娘。
当時父は福岡県小倉市長を務めていたので、
ヒロ子は東京にある姉夫婦の家から学習院中等部3年生に通学していた。

姉婿の江崎清は名写真師と謳われた人物で、
日頃からヒロ子をモデルに写真を撮りためていた。
その一枚をヒロ子に無断で応募したのである。
漢字などを変えて末弘ヒロ子を末広トメ子という偽名にした。

当時の学習院院長は乃木希典。学習院にスパルタ教育を持ち込んだ人物である。
華美に傾いているという理由で学監下田歌子を追放したこともある。
案の定ヒロ子が一位に決まった時、
美人競争の行為は学則違反との理由で退学を言い渡す。

これにマスコミが噛みついた。
実はヒロ子の写真は3回掲載されている。
第一次選考を通過した時、第二次選考を通過した時、
一位の結果発表の時の3回である。
学習院は一次、二次の際には問題にしなかったのにも関わらず、
ヒロ子が一位になった途端に問題としたことになる。
さらに学習院からはヒロ子以外の他の生徒も数人応募していたが、
彼女たちは不問に付されている。

学習院はヒロ子自身が応募したのではなく義兄が勝手に応募したことも、
ヒロ子以外の生徒が応募していたことも知っていた。
それなのにヒロ子一人が退学処分の対象となったということは、
一位になったということが問題だったのだ。

明治時代には修身の教科書においてさえ美人が公然と非難されていた。
美人は高慢、美人は勉強ができない、美人は堕落する、
不美人は学業に励み、善良柔順であるという正論が大手を振っていた。

しかし、いつの世も本音と建前は別。
女学校の女生徒は卒業を待たずに嫁いでいくのが一般的。
卒業を迎える女は在学中に売れ残ったというわけで、
「卒業面」と呼ばれブスの代名詞であった。

結局、彼女は父親同士が親友だったため
生まれた時から許婚だった野津鎮之助侯爵と結婚。
学習院の方はこの縁談を名目に自主退学という形に落ち着いた。
乃木希典が罪ほろぼしに結婚相手を見つけてやったという説は、
創作された乃木神話の一つのようだ。
当時舅となる野津道貫は死の床にあり、
嫡男の結婚を見届けたかったという事情もあった。
舅は花嫁姿のヒロ子を見て感激したそうである。

シカゴトリビューン社の世界一コンテストの結果はどうだったのか。
ヒロ子が6位だったとする説があるが、勘違いである。
日本からヒロ子の写真が6番目に届いたという記録があるだけで、
アメリカ人女性が1位になった以外の情報は残っていない。

c0287367_3384119.jpg

c0287367_3385279.jpg

c0287367_339123.jpg

[PR]
by vMUGIv | 2015-01-05 00:00 | 明治

日本初美人コンテスト 令嬢の部 その2

1位 福岡県 末広ヒロ子 16歳
c0287367_3321434.jpg





2位 宮城県 金田ケンコ 19歳
c0287367_332293.jpg

c0287367_3324352.jpg





3位 栃木県 土屋ノブコ 19歳
c0287367_3325873.jpg

c0287367_333928.jpg





≪ユニークな応募者≫


長野県 土屋ソヤコ
c0287367_3332847.jpg





東京市 宮下百合子
c0287367_3333746.jpg





神奈川県 下田リョウコ
c0287367_3335132.jpg





鹿児島県 藤田喜佐子
c0287367_334220.jpg

[PR]
by vMUGIv | 2015-01-04 00:00 | 明治

日本初美人コンテスト 令嬢の部 その1

明治40年(1907)
アメリカの新聞社シカゴトリビューンから時事新報社に連絡が入った。
シカゴトリビューン社では世界一の美人を決める催しをする、
ついては日本代表の美人写真を送ってほしいという内容であった。

そこで時事新報社は「容色をもって生業とするものを者を除く」
という条件をつけて一般家庭より応募者を募ることとなった。
これが日本で最初の「素人の」美人コンテストである。

時事新報社は全国の新聞社に美人さがしを依頼した。
時事新報社と地方紙22社を巻き込んだ苦難の道の始まりである。

仙台の河北新報は紙面で美人募集を行った。
我と思わん美人は奮つて写真を投与せられよ。
また、美人の親戚知友たるものは内気なる美人の為に其人に代りて投寄の労を取られよ」


しかし、募集要項を発表したぐらいでは応募者は集まらない。
美人コンテストに我も我もとやってくる現代とは違う。
何につけ「はしたない女性」というレッテルが貼られてしまうと、
それだけで一生お嫁に行けなくなる時代である。
目立つことはしないに限る。

困った各地方紙は地元の美人を探し出すための調査班を組織した。
社長までもが女学校などへ行ってキャンペーンに務めた。

河北新報は結果二位となる金田憲子を見つけた。
宮城県の水産検査場長の娘、良家の令嬢である。
しかし彼女をコンテストに引きずり出すまでには苦労があった。
彼女の美しさは近在で有名だったが、本人は出たがらない。
そこで親戚の銀行頭取に彼女を説得させ、写真を手に入れることができたのである。
応募写真の多くはこのように地方紙の記者たちによって集められたものだった。

時事新報はコンテストの発表後に彼女の父親の談話を載せた。
「御社の誌上に娘の写真が発表されてからといふものは、
諸方から結婚の申込みが非常なもので、今日迄に約二百通も参りましたよ。ハハハハハ。
此二百通に対して一々返事を出したのですから一時は目も廻はりさうな始末。
何うぞお笑ひ下さい」



翌明治41年(1908)に結果が発表された。

※当時の総理大臣の月給は1,000円

<一次審査入賞>
1等 18金ルビー真珠入り指輪 値30円
2等 18金真珠入り勝利形ブローチ 値15円
3等 18金結形根掛 値十円
4等 銀製鍍金草花図丸彫束髪用ピン 値5円
5等 同上

<二次審査入賞>
1等 18金ダイヤモンド入り指輪 値300円
2等 18金梨地無双ダイヤモンド入り婦人持懐中時計、
並びに18金ルビー真珠入り緒しめつき首掛け鎖一揃い 値150円
3等 18金白金金製桜花ニ流水図透かし彫りだしダイヤモンド入り帯留め 値100円
[PR]
by vMUGIv | 2015-01-03 00:00 | 明治

日本初美人コンテスト 芸者の部 その2

時事新報社が令嬢美人コンテストを開催した明治40年、
雑誌『文芸倶楽部』も美人コンテストを行った。

「大懸賞百美人写真大募集」と題され、全国から100人の芸者を選抜し、
読者の投票により順位をつけるというシステムだった。

このコンテストでは、赤坂の芸者、万龍/万竜/萬龍/萬竜が一位となった。

c0287367_3234986.jpg

[PR]
by vMUGIv | 2015-01-02 00:00 | 明治

日本初美人コンテスト 芸者の部 その1

c0287367_383532.jpg


明治24年(1891)浅草に建てられた12階のビル浅草凌雲閣で
芸者の写真展「百美人展」が開催された。
100人の芸者を撮影したのはアメリカで修業した有名写真家 小川一真。
公平を期するため、全員同じセットで同じ構図という条件で撮影されている。
これが日本で最初の「玄人の」美人コンテストである。

凌雲閣は日本初の電動エレベーターが目玉だった。
ところが警察からエレベーターは危険だと判断され、設置早々エレベーターは撤去されてしまう。
目玉を失った凌雲閣が考えた企画が「百美人展」だったのだ。

凌雲閣を登っていくと、各階に百美人の写真が飾られており、
それを見た入場者が投票するというシステムだった。
この写真展をもとに『東京百美人 GEISHA OF TOKYO』という写真集が作られ、
日本人はもちろん外国人にも大人気となった。

その後もは百美人展は3回開催されているが、対象はすべて芸者であった。




1位 新橋 玉菊 17歳
c0287367_3155479.jpg





2位 新橋 桃太郎 19歳
c0287367_3102974.jpg


 


3位 新橋 小豊 19歳
c0287367_311125.jpg





4位 新橋 吾妻 17歳 
c0287367_31138100.jpg





5位 柳橋 小鶴 22歳
c0287367_312048.jpg





芳町 三子 20歳
c0287367_3122490.jpg





新橋 寿々 
c0287367_3192026.jpg





新橋 ゑり子
c0287367_313026.jpg





新橋 とん子 16歳
c0287367_313368.jpg





新橋 桃子 15歳
c0287367_3204861.jpg





新橋 つま子 19歳
c0287367_3143575.jpg

[PR]
by vMUGIv | 2015-01-01 00:00 | 明治


お気に入りブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル