直球感想文 本館

2017年 更新中
by vMUGIv
カテゴリ
江戸
明治
大正
昭和戦前
昭和戦後
その他
以前の記事

大正三美人 林きむ子

◆林きむ子/日向きむ子
1884-1967 明治17-昭和42 82歳没

大正三美人の一人。
(大正三美人は九条武子・柳原白蓮・林きむ子、または九条武子・柳原白蓮・江木欣々)

c0287367_23242045.jpg

c0287367_23243294.jpg

c0287367_23244433.jpg

c0287367_23245225.jpg



■前夫 政治家 日向輝武
1870-1918 明治03-大正07
c0287367_23233584.jpg



■後夫 詩人 林柳波
1892-1974 明治25-昭和49
c0287367_23234672.jpg

c0287367_23235552.jpg



義太夫語りの両親のもとに生まれ、新橋の有名料亭「浜の家」の養女となった。
跡を継ぐ予定だったため、三味線、踊り、お茶、お花などの芸事を仕込まれた。

政治家の日向輝武に見初められ結婚。
日向はアメリカに密航し苦労して現地の大学を卒業して帰国し、
様々な企業を立ち上げて成功した実業家でもあった。
きむ子は結婚してから仏英和女学校でフランス語、女子美術で油絵、神学校で神学と、
3つの学校に海老茶袴に自転車で通った。
またその間に6人の子供を生み、日向の肉親を合わせて20人の大家族をさばいた。
名実ともに上流夫人となったきむ子だったが、
夫が汚職事件にからんで逮捕、政治生命を断たれ80日後に釈放された時には日向は狂っていた。
3年後精神病院で亡くなる。
事業も傾き、屋敷も手放すことになった。

きむ子は自分の美貌を看板に化粧品店を始め、
美顔水『オロラ』を製造販売するなど活動を開始した。
夫の死後1年も経たないうちに年下の詩人で薬剤師の林柳波と再婚。
きむ子36歳、林27歳であった。
この再婚はスキャンダルとなり、夫の死で世間の同情を集めていたきむ子の評判を落としたが、
きむ子は「私は断じて今を初めての恋と呼ぼう」と言い切った。

次に幼い頃から仕込まれた芸事を活かして童謡舞踊を始め、林流を創設。
林との間には2人の子供が生まれたが、
終戦後に林と別の女性との間に子供が生まれたため別居。
以降二人は疎遠となるが、離婚はしなかった。
[PR]
by vMUGIv | 2015-02-02 00:00 | 大正
<< 大正三美人 九条武子 その1 大正三美人 江木欣々 >>


お気に入りブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル