直球感想文 本館

2017年 更新中
by vMUGIv
カテゴリ
江戸
明治
大正
昭和戦前
昭和戦後
その他
以前の記事

谷崎潤一郎 その11

◆昭和04 43歳 (続き)
04月丁未子、関西中央新聞社入社。
07月谷崎邸で地唄舞の稽古開始、松子・重子・信子も習いに通う。
12月女中宮田絹江辞める。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎の弟 谷崎終平

ある日、兄(潤一郎)・兄嫁(千代)・私と
<絹や>と呼ばれていた女中さんが集まっていた。
ふとお絹が「私は旦那様が一番大好き!」と言った。
その前後の会話を失念しているので、
なぜお絹が突然そんなことを言ったのかはわからない。
その時、兄が本当に真っ赤な顔をしたのには驚いた。
44、5にもなる中年男子があんなに赤面したのを、私は他に見たことがないのである。
後で考えると兄の初恋の人・福子さんに目鼻立ちが似てないでもないし、
あっそうかとも思ったが、本当のところはわからない。
石川のお婆さん(千代の養母)が、ちょいとと言って私を自分の部屋に呼び入れた。
「まあ、終さん聞いておくんなさい。
お絹が近いうちに旦那様と結婚するのだと触れ回ってるんです」
私も驚いた。他人の恋愛にとやかく言う気持ちはない。けれども昭和の初めのことだ。
お絹のような教養のない女を家に入れて上手くいくと思うのが理解できなかった。
兄ものぼせていたのか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


◆昭和05 44歳 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎から中央公論社社長嶋中雄作への手紙 昭和5年1月8日

実は昨年暮れ東京より帰りましてから少し家庭にゴタゴタが起こり、
そのために思うように執筆ができません。
家庭のゴタゴタはいずれ何らか形を取って現れるか、
あるいは円満に解決するか未定ですから、何卒何卒秘密に願いたく、
今回は佐藤春夫にさえも話してありません。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


05月丁未子、谷崎の紹介で文芸春秋社入社。
06月30日絹枝にラブレター。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎から宮田絹江への手紙 昭和5年6月30日

今度お目にかかり、あなたのお声を聞いて私も決心したい。
幸い私も朝日新聞に播州のことを書いていますので、時々姫路へ行く用があります。
電報を差し上げますゆえ、姫路駅まで来て下さいませんか。
あなたの御老母様にも兄さんにもゆっくりお目にかかりたいと思います。
この写真、近頃私は頭を短く刈りました。お笑い草にお目にかけます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎から中央公論社社長嶋中雄作への手紙 昭和5年7月10日

目下佐藤春夫の離婚にからみ、小生家庭にもまたまた持ち越しの問題発生、
そのため新聞すら1回佐藤に代筆してもらったくらいです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


07月14日絹枝にラブレター。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎から宮田絹江への手紙 昭和5年7月14日

正月以来の私の家庭の問題も今月中には決まりがつきそうですから、
どうぞどこへもいらっしゃらず待っていて下さい。
私の妻は佐藤春夫と結婚し、鮎子もそちらに行くことになるでしょう。
円満に話がつきそうです。佐藤は千代の昔の恋人なのです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


07月20日千代兄倉三郎も来て離婚の話し合い。
07月24日鮎子が了承して離婚決定。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
千代の兄 小林倉三郎

声も立てずに泣いている鮎子の背を、
これも泣いている佐藤氏が抱えるようにして静かになでていました。
客間ではお千代が泣いていました。
谷崎氏は廊下を行きつ戻りつしていました。涙が光っていました。
私は堪らなくなって席をはずしてまいました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎の弟 谷崎終平

佐藤氏が前の夫人と別れてから、長兄と和解してちょくちょく関西に来るようになって、
長兄は熱心にお千代をもらえと再び口説いている頃のことだった。
佐藤氏と兄嫁と私は布団の上に横になって遅くまで話していた。
兄嫁の考えは堂々めぐりして決心がつかない。無理もないことだった。
結局長兄のワガママから端を発したものだろうが、どうにもならぬこの夫婦の結末がきた。
長兄にしてみれば、別れても兄嫁が幸福になってくれなければ心配だというわけで、
それには気心の知れた、しかも以前にその意向のあった、
また現在独身である佐藤氏と再婚すれば一番安心だと言う。
ただ鮎子が一番かわいそうだとは誰しも同じ考えで、
長兄は鮎子は母について行けばいいし、父の所にも自由に来たい時に来ればいい。
幸い佐藤氏も鮎子を大変可愛がっていたし、子供には下手なことを言うより
本当のことをすっかり話して納得させるのが一番だというのが長兄の考えだった。
鮎子は15歳になっていて、聖心女学院に通っていた。
父親に似たのか、気の強いところがあって、何を考えているのか容易に心中を見せない。
長兄が鮎子に話すことになり、ある晩長兄は鮎子を呼んで二人きりになり、
しばらくして鮎子は涙を見せて自分の部屋に閉じこもってしまった。
だがすぐ元気な顔を見せて出てきた。
皆もらい泣きをしたが、鮎子は了承したということだった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


08月04日谷崎・千代・佐藤の3人が佐藤実家へ挨拶に行く。

挨拶に向かう二人
c0287367_0352836.jpg



08月14日絹枝にラブレター。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎から宮田絹江への手紙 昭和5年8月14日

思いもかけぬことが起こりました。
私としてはいかにもお話ししにくいので、佐藤氏二人から聞いて下さい。
いずれ私もお伺いしますけれども。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


08月18日関係各位に離婚の挨拶状送付。
c0287367_0355975.jpg

08月19日新聞各紙に離婚報道<細君譲渡事件>
c0287367_0361272.jpg

c0287367_0362088.jpg



08月20日丁未子にラブレター。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎から丁未子への手紙 昭和5年8月20日

お見舞状ありがとう存じます。
あれを発表するまでは事実を申し上げることができなかったので失礼しました。
断髪された由、ついでに歯を治されてはいかが?
御希望とあればドクトルに紹介状を書きます。場所は神田一ツ橋ですから便利です。
あなたが上京なさる時このことを言うのを忘れました。
新聞が一段落つくまでは旅行に出られません。早くても来月上旬になると思いますが、
出発の最初に東京へ出ますから、そうしたらお目にかかりましょう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


08月30日絹江にラブレター。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎から宮田絹江への手紙 昭和5年8月30日

いっぺんお絹様にこちらへ遊びに来ていただこうかと存じましたが、
当地へも新聞記者が毎日やって来ますのでそれも思うように行きませぬ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


11月15日萩原朔太郎の妹愛子と見合い。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎の弟 谷崎終平

長兄が最初の離婚をした後に、萩原朔太郎氏が関西にこられて
萩原氏との用件というのは末子をもらってくれないかという長兄の願いであった。
同時に長兄は、萩原氏から氏の妹さんをもらわぬかという話であった。
双方ともお互い君に似すぎていて嫌だということで話は決裂したのであった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


11月29日丁未子にラブレター。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎から丁未子への手紙 昭和5年11月29日

御写真到着。あまり大きいのでブックに貼りきれず、
書斎の額にして大いに室内の光彩を添えようかと思いましたが、
世間の物議を醸してはならぬと差し控えています。
今後も撮影のたびにお送り願います。
せんだってもちょっと東京へ行ったのですが、お目にかかる暇がなくて残念でした。
あなたの方からもたまにはこちらへ遊びに来ませんか?お正月のお休みにいかがです?
宝塚のダンスホールへ是非ご案内します。その他できるだけ御歓迎準備を整えてます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


12月04日谷崎から妹尾へ、見合いした女医の返事を問う手紙。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎から妹尾健太郎への手紙 昭和5年12月04日

例の女医、電話の首尾いかにや。吉報待ち入る。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


12月05日谷崎から妹尾へ、再度見合いした女医の返事を問う手紙。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
谷崎から妹尾健太郎への手紙 昭和5年12月04日

お医者さんの返事来ましたらお知らせを待ちます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


谷崎30歳
c0287367_075213.jpg

[PR]
by vMUGIv | 2011-04-11 00:00 | 大正
<< 谷崎潤一郎 その12 谷崎潤一郎 その10 >>


お気に入りブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル